2006年 01月 05日

スマートサイクル

堺工業技術研究会大阪府立大学が、高齢者層をターゲットに倒れにくい自転車の開発を進めているそうです。

名称は、「スマートサイクル」(PDFです)
自転車が走っている時の傾きには一定の規則性があり、転倒する時にはその規則性が崩れているそうで、この時の異常を感知し、機械的にハンドルを操作し傾きを修正する仕組みと言う事です。
大まかな仕組みは、サドルの下に傾きセンサーを設置し、フレームに取り付けた装置がセンサーからの傾き信号を受けて、ハンドルを左右に動かすようです。

「スマートサイクル」は、今春には商品化されるようです。
開発経緯にも書かれていますが、年配の方には良い装置かもですね^^
電動アシストと併用したら、更に面白そうです。

by iwasi_3-1 | 2006-01-05 22:22 | いろいろ | Comments(2)
Commented by mari at 2006-01-06 07:47 x
スマートサイクルを見てみました。自転車が勝手に傾斜を制御してくれると言うのは優れものですね。母が70才台で自転車に乗っているので、転倒は怖いですからこういう自転車があるとちょっと安心です。あとはお値段ですね。
Commented by iwasi_3-1 at 2006-01-06 22:39
mariさん
 年配の方には、便利な機能だと私も思います。
ただ、ちょっと特殊な物なので、慣れるまでは違和感がありそうな気がします。
先ずは、どの程度の力・制御量か試してみたいですね^^

確かに、お値段が気になります^^;
大手メーカーが採用して、大量の生産されるようになれば、コストは下がると思いますが、初めの内は高価な物になるかもですね・・・


<< 祭りの達人      連休最後 >>