2005年 12月 02日

スパイウェアにだまされるな!!

独立行政法人 情報処理推進機構が、11月のコンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況の公表と共に、「怪しいファイルの見分け方」を紹介しています。

メールの添付ファイルを開いてしまい、ウイルスやスパイウェアに感染してしまう理由の多くは、添付されたファイルの種類を確認せず開いた事が挙げられるようです。
ファイルを開く前に見分ける方法として、「ファイルの拡張子を確認する」事、と言う事です。

ウイルスやスパイウェアなど、不正プログラムのほとんどは拡張子が「exe」となっているそうで、通常のメールでは、拡張子「exe」のファイルを添付することはほとんどないそうです。
そのため、メールの添付ファイルの拡張子が「exe」の場合は、ファイルを開かずにメールを即削除することが、一番簡単で最良の方法のようです。

その他に、インターネットのサイトからファイルをダウンロードした場合の見分け方も掲載されています。
詳細は、こちらです。図解入りで紹介されていますので、ぜひご覧になってみてください^^

11月の相談件数のうち、アダルトサイトを閲覧した後に「振り込め詐欺」のメールを送りつけられる「ワンクリック不正請求」に関する相談が10月の1.5倍以上あり、増加傾向にあるそうです。
相談事例も紹介されていますので、一緒に確認してみて下さい。

2つ目も、情報処理推進機構から話題で、
情報セキュリティ対策のための「ウイルス対策のしおり」・「ボット対策のしおり」・「スパイウェア対策のしおり」を作成したそうです。

このしおりは、一般家庭や社内でパソコンを利用する人を対象に、各種の対策を分かりやすく紹介した物で、それぞれの脅威の概要、仕組み、対策を理解し、把握できるように工夫されているようです。
営利目的に使用しない場合に限り、原本の印刷・配布の制限はないそうなので、職場などで啓蒙用に活用するといいかもです。

各しおりは、PDFで作成されています。
・ 「ウイルス対策のしおり
・ 「ボット対策のしおり
・ 「スパイウェア対策のしおり

最近はネット環境が身近になって、その分、ウイルスなどに感染してしまう恐れも高まっているので、ユーザー自身が気を付けて対策などの知識を持つ事が必要になってきそうですね。
皆様も気を付けてくださいね^^

# by iwasi_3-1 | 2005-12-02 20:45 | いろいろ | Comments(8)
2005年 12月 01日

愛称募集

宇宙航空研究開発機構が、平成18年1月19日打ち上げ予定の「陸域観測技術衛星 ALOS(エイロス)」の愛称を募集するそうです。

ALOSは、地球の地形や植生を観測し地図を作成したり、地図情報を利用した町づくりや、災害が起きた時に、その土地の情報をいち早く調査したりする事が出来るようです。

募集期間は、12月1日~12月25日。(はがきでの応募時は、12月22日消印有効)
応募方法は、インターネットとはがきで応募可能。
インターネットの場合は、こちらの専用サイトから応募できます。
はがきの場合は、
〒305-8505 茨城県つくば市千現2-1-1 宇宙航空研究開発機構 ALOS愛称募集係に、
住所、氏名、電話番号、性別、年齢、職業、愛称と読み方、その理由を記入。

愛称が採用された提案者には、種子島宇宙センターでのALOS打上げ視察にペアで招待してもらえるそうです。(提案者が複数の場合は、抽選で1組2名様をご招待)

もし、名前が採用されたら、毎日空を見上げてしまいそうです^^
でも、打ち上げに失敗したら悲し過ぎますけどね・・・^^;

2つ目の話題は、
経済産業省は、今年10月に創設した「ネットKADEN大賞」の「ネットKADEN 2005」に選定された事例の一般投票を開始したそうです。

「ネットKADEN大賞」は、情報家電分野において、魅力的かつ斬新な「ライフソリューションサービス」の創出を可能とする情報家電機器及び、情報家電によって提供されるサービスの普及促進を支援する目的で創設。

今年度は第1回で、一次審査を通過した20事例について、生活者の声を大切にしたいと言う事から、一般投票を実施するようです。
投票期間は、12月11日までで、こちらから事例の詳細と投票を行えます。

ノミネートされている事例の中には、ご存知の物を多いと思いますし、既にお使いになっている方もおみえになると思いますので、もし宜しければ投票に参加してみてください^^

# by iwasi_3-1 | 2005-12-01 21:47 | いろいろ | Comments(8)
2005年 11月 30日

データ復旧

ワイ・イー・データオントラック事業部は、データ復旧の可否情報をWebブラウザ上で提供するサービスを12月1日から開始するそうです。

サービス名は、「Ontrack VeriFile Online Data Reports」で、法人向けと個人向けがあるようです。

サービスの種類は、
物理的に破損(リンク先は、別会社です)したメディアや、内部の機械的問題などによって復旧できなくなったデータ復旧を試みる「ラボラトリ・データ復旧サービス」
・ハードディスクドライブの論理的破壊(リンク先は、別会社です)の復旧をインターネット経由で行う「リモート・データ復旧サービス」
・開かなくなったファイルを修復する「ファイル修復サービス」
で、この中で一番依頼が多いのは、ラボラトリ・データ復旧サービスのようです。

同社では、破損したメディアを受け取ると、データ復旧が可能か調査を行い、「どの程度、復旧ができるか」・「どのようなデータが入っていたか」などの結果を報告。
ユーザーは、その報告内容から復旧の必要性があればデータ復旧を申し込む流れで、期間は3日間からで、競合他社で「復旧不可能」と判定されたものでも、60%以上が復旧できた実績があるそうです。

HDD復旧の平均的なコストは40数万円となるようです。

担当責任者の方は、「データ復旧サービスはまだまだ知名度が低く、20%程度のユーザーしか壊れたHDDからデータ復旧できることを知らない。米国では年率20%で成長している市場なので、今後も啓蒙活動を行い、年率20%の成長を目指したい」と、コメントされたそうです。

同社では、データ復旧の最適な方法を相談できる、「データ復旧ホットライン」のサービスも提供しているようで、相談は無料で対応していただけるようです。

同様な会社は他にもあるようなので、こちらを参考にしてみてください。

データ復旧に掛かるコストは、まだまだ高価なので個人では余程の事でない限り手が出にくいと思いますが、仕事場のパソコンなどが破損した場合は、望みの1つの手段に良いかもしれないですね。
個人も法人も同じですが、大切なデータはバックアップをしておく事が基本になりそうです。
時間を掛けて作ったデータや大切な情報は、pricelessですからね^^

# by iwasi_3-1 | 2005-11-30 21:41 | いろいろ | Comments(8)
2005年 11月 29日

忘年会

KIRINキリンお酒と生活文化研究所が、「忘年会」についてアンケートを実施し、その結果がまとまったそうです。

忘年会に行きたいですか?の問いについては、「行く」と答えた人は93%で、その中で「ぜひ行きたい」は45.6%。
20代の人で「ぜひ行きたい」と答えた人は50.5%と楽しみにしている人が多いようです。

忘年会のイメージについては、全体では「職場の人とコミュニケーションがとれる良い機会」が一番多く、女性では「おいしいものを食べられるチャンス」と回答した人が一番多かったそうです。
「儀礼的習慣」と回答した人が思っていたより少なかったのは、ちょっと意外でした^^;

忘年会のお店を選ぶポイントについては、「価格」・「料理の味」・「店の雰囲気」がトップ3で、これは男女とも同じ傾向。
1回当たりの予算については、平均4540円で昨年よりも500円ほど多くなっているようです。

忘年会で楽しみにしている事は、「皆でワイワイ楽しめる」・「おいしい料理」・「おいしいお酒」がトップ3。
女性は、この問いについても「おいしい料理」が一番だったようです^^

期待している芸については、1位は「歌」、2位は「一発芸」で、3位には「レイザーラモンHGのモノマネ」だったそうで、特に、20代の人は「レイザーラモンHGのモノマネ」を期待している人が多いようです^^;
って、3位は、20代の人だけで%を押し上げているだけのような気が・・・

忘年会で飲みたいお酒は、全体では、「ビール」・「焼酎」・「日本酒」が多く、女性は「ワイン」・「カクテル」と答えた人が多いようです。
「発泡酒」と答えた人が16%ほどいたのは、発泡酒が市民権を得てきた証拠ですね^^

忘年会でカラオケ大会をする時に締めたい曲は?の問いについては、1位「マツケンサンバ」、2位「世界に一つだけの花」、3位「青春アミーゴ」だったようで、マツケンサンバは圧倒的な人気があるようです。

今回のアンケートの詳細は、こちらです。

早い人はそろそろ忘年会シーズンに入ってくると思うので、宜しければ参考にしてみてください^^
KIRINのホームページ内には、キリンビールがお薦めするお店「キリングルメガイド」もあります。

# by iwasi_3-1 | 2005-11-29 21:44 | いろいろ | Comments(8)
2005年 11月 28日

道路緊急ダイヤル

国土交通省道路局が、今年の3月から九州地方で先行導入してきた「道路緊急ダイヤル」(PDF文書です)を、12月1日の午前10時から全国展開すると発表しました。

「道路緊急ダイヤル」の目的 は、幹線道路の異状等を発見した場合に、直接、道路管理者に通報できるようにし、通報を受けた管理者が迅速に対応を図るためで、
緊急通報は、道路の穴ぼこ、路肩の崩壊などの道路損傷や、落下物や路面の汚れなど道路の異状が対象となるようです。

道路緊急ダイヤルの番号は「#9910」で、24時間対応。
NTTの固定電話からは無料ですが、それ以外の携帯電話(ドコモ、au、ボーダフォン)などからの通報は当面の間は有料と言う事です。
また、これまで通り「道の相談室」でも、緊急通報以外の道路に関しての相談、意見、苦情を受け付けるようです。

あまりあってはならない事ですが、もし危ないと感じられる場所がありましたら、活用してみてください。
ただ、幹線道路だけに絞っているのは、ちょっといただけないですね・・・
通報したら100%対応してもらえるのかも、少し疑問があります^^;

# by iwasi_3-1 | 2005-11-28 21:53 | いろいろ | Comments(10)