2018年 09月 17日

やすらぎの林の彼岸花 2018 その2


                        彼岸花を見に、岐阜県本巣市にあるやすらぎの林へ行って来た時の
                        写真です。
                        お出掛けしたのは、9月16日です。
                        場所はここで、本巣市民文化ホールを目標にしてお出掛けされると
                        分かりやすいと思います。

                        こちらの彼岸花は木陰に植わっている事もあり、他の名所と比べて
                        1週間~10日ほど早く見頃を迎えるので、少し早い彼岸花の群生を
                        楽しむ事が出来ます^^
e0075403_13335661.jpg




                        例年9月15日頃に見頃を迎えますが、今年も15日には満開を
                        迎えたようです。
                        ここの彼岸花の体内時計は正確ですね^^

                        当日は朝から厚い雲に覆われ、木陰に植わっている事もあり
                        薄暗い中に咲く彼岸花でしたが、それでも真っ赤なお花は
                        存在感があります。
e0075403_13335919.jpg

                        例年と比べると咲いている花数が少なく、花色が薄く感じましたが
                        綺麗に咲きそろっていたので、真っ赤な絨毯の楽しむ事が出来て
                        良かったです^^
e0075403_13340102.jpg
e0075403_13340396.jpg
e0075403_13340956.jpg

                        長く伸びたおしべに水滴が付いて綺麗だったので、パチリ。
                        日差しで輝く彼岸花も良いですが、雨に濡れてシットリした
                        彼岸花も良いですね^^
e0075403_13340762.jpg
e0075403_13341170.jpg

                        やすらぎの林北側から全体をパチリ。
                        海津市・津屋川や半田市・矢勝川のように規模の大きな名所では
                        ありませんが、雰囲気の良い場所で個人的に好きな場所です^^

                        津屋川の開花情報はこちら、矢勝川の開花情報はこちらです。
e0075403_13341425.jpg
e0075403_13341634.jpg
e0075403_13341927.jpg

                        短い時間ですが日差しが出てくれたので、急いでパチリ。
                        日差しで輝く彼岸花もやっぱり良いですね^^
e0075403_13342167.jpg
e0075403_13342496.jpg

                        やすらぎの林を少し離れた場所からもパチリ。
                        川面に映り込む真っ赤な彼岸花が素敵です。 
e0075403_13342692.jpg
e0075403_13342919.jpg

                        横を流れる川の上をカワセミが飛んでいる姿をよく見かけますが
                        今年は見る事が出来ませんでした・・・残念^^;
                        彼岸花とカワセミの組み合わせは綺麗でしょうね^^
e0075403_13343269.jpg
e0075403_13343456.jpg
e0075403_13343635.jpg

                        彼岸花を真上からパチリ。
                        今回はフラッシュを持って行ったので、フラッシュを焚いて
                        撮ってみました。
                        他の構図でも何枚か撮ってみましたが、どれもボツ写真に・・・
                        フラッシュを使った練習もしないとですね^^;
e0075403_13343898.jpg

                        やすらぎの林南側からもパチリ。
                        ここは、群生地の中に散策道が作られているので、いろんな方向
                        からお花を楽しむ事が出来るのが良いですね^^
                        ただ、床板がかまぼこ型になっているので、少し歩きづらいのが
                        難点です^^;
e0075403_13344160.jpg
e0075403_13344397.jpg
e0075403_13344782.jpg
e0075403_13344932.jpg

                        やすらぎの林の彼岸花は、ここ何年か満開一歩手前にお出掛け
                        していたので、今年は良いタイミングでお出掛けする事が出来て
                        良かったです^^

                        規模の大きな群生地ではありませんが、今週後半くらいまでは
                        綺麗なお花を楽しむ事が出来ると思うので、お時間のある方は、
                        ぜひお出掛けしてみてくださいね。
e0075403_13345219.jpg




by iwasi_3-1 | 2018-09-17 18:40 | スクーター | Comments(8)
Commented by aitoyuuki13 at 2018-09-17 23:10
すっごい咲いていますね
昨日、津島の天王川公園に行ってきましたが
まだ3分咲きといったところでした

花にもかなり近寄って撮れそうな素晴らしい場所ですね(^_^)v

Commented by iwasi_3-1 at 2018-09-18 22:02
aitoyuuki13さん
 初めまして。コメントありがとうございます。
ここはお花の咲いている面積は広くはありませんが、満開時は
綺麗な赤い絨毯になるのでとても綺麗ですよ^^
この辺りの彼岸花の群生地は日当たりの良い川の土手にありますが
ここは木陰に咲くのでまた違った雰囲気があって楽しめると思います。
もう数日は綺麗なお花を楽しめるので、ぜひ一度お出掛けしてみてくださいね。

天王川公園にも彼岸花の群生地がありましたね。
まだ3分咲きと言う事なので、この週末には見頃を迎えますね^^
彼岸花は咲き始めるとあっという間に満開になりますから。

そうですね。群生地の中に散策道があるので、間近でお花を
楽しむ事が出来ます。
ただ、散策道が少し高くなっているので、低いアングルは
キツイ体勢になってしまうと思います^^;
Commented by tel at 2018-09-20 21:32 x
こんにちは。
暑い夏が過ぎ去り、急に涼しくなったなぁ、悪い天気が続くなぁと思っていたら彼岸花がすでに見頃なんですね。
通勤電車ばっかりのためか全く気が付きませんでした。
彼岸花は見頃が短いので間に合うか心配です。週末は仕事もあれば天気もイマイチで合間を縫って見に行けるかどうかですね。
それにしてもここの彼岸花は木々の中で密集して咲いていて良いですね。遠くからみると水面に反射する彼岸花が素敵です。
Commented by かなぶ at 2018-09-20 21:59 x
白いコットン玉が2日後にできました。
今年は蜜を吸う蝶々・ミツバチなどが暑さのため少なかったので、受粉できずに花が散っていきました。美智子妃の花ともいわれているゆうすげも同様でした。
綺麗なヒガンバナの一年をくらしの歳時記で 三浦康子さまがコメントされています。 普通の草花と逆のサイクルですので、体内時計がしっかりできていると思います。 24時間の周期リズム「概日リズム」を刻んでいます、各大学でも研究され 論文発表されたいます
時計遺伝子と言われています CCAI遺伝子・アミノ酸配列・PRRタンパク質 DNA・mRNAなどが関係しているようです。
数学的には 花序が1つで5-7個前後の花が顔を出しますが、開花した花は花火の様に円形になります(多くの光を受けるため)
ご存じとは思いますが 呼び名が多いのも特徴です
「死人花」「幽霊花」「毒花」「痺れ花」「葉見ず花見ず」「天蓋花(てんがいばな)」「狐の松明(きつねのたいまつ)」「狐のかんざし」「剃刀花(かみそりばな)」など、全国にはたくさんの呼び名があります。彼岸花の別名「曼珠沙華」:天界に咲く花=サンスクリット語では manjisaka と書きます
毒があるため、「毒花(どくばな)」「痺れ花(しびればな)
このような名前が付くために 生活の場である  玄関などに生け花として立てることができない謂れがあります。

環境変化のない条件下では、体内時計による概日リズムはほぼ24時間の周期  効率的に成長ができるので、日の出前からその準備をしています植物の体内時計は一日の時間の流れだけでなく、季節の認識にも関与し、人類はこれまで経験則的に、育種(品種改良)の過程で植物の体内時計を利用してきました。 動物の体内時計は移動するために狂いが生じ、時差ボケが発生しますが、植物はほぼ固定しているために正確になってきます。逆サイクルのヒガンバナは他の植物の影響が少なく、気候変動の少ない秋に花咲き その後葉芽が出てきて光合成して 球根に栄養を送り 春が来ると葉が枯れ 夏休み(冬眠ではなく夏眠)して、休養し 涼しくなる秋彼岸に目覚めてくるようです。
Commented by まさ at 2018-09-21 11:22 x
気付けば彼岸花の季節ですね。
「まだ咲いてないな」と思ったら、数日経つと一面に咲いてますね。
やすうらぎの林はコンパクトながらも木々の下に見る真っ赤な絨毯は圧巻ですね。
雨にぬれた彼岸花もまたきれいです。
忙しさにかまけて彼岸花のことを忘れていましたが、これから一気に咲き始めますね。
Commented by iwasi_3-1 at 2018-09-21 21:45
telさん
 今年は7月からずっと気温が高かったので、ここ数日の涼しさが嬉しいです^^
今年は9月に入っても暑い日が続いていたので、今年は彼岸花の
見頃は遅れるかと思っていましたが、例年通りの見頃になりました。
やすらぎの林は少し早く見頃を迎えますが、他の名所はこの週末から
見頃を迎える場所が多くなりそうなので、ぜひお出掛けしてみて
くださいね^^

確かに、彼岸花の見頃は1週間ほどなので短いですね・・・
週間予報を見ると傘マークが多いので、私もお出掛け出来るか心配です^^;
やすらぎの林は大きな群生地ではありませんが、見所の多い場所で良いですよ^^
Commented by iwasi_3-1 at 2018-09-21 21:46
かなぶさん
 コットン玉、出来ましたか。
せっかくなので、コットン玉を綿糸にしてみても面白いかもですね^^

今回は難しい言葉がいっぱいですね^^;
植物の体内時計が固定されているのは面白いですね。
気温や日照時間などの外部要因で変わってくる事もありますが
ほぼ同じ時期に葉が展開したり花が咲くのはそういう理由だったんですね。
そんな植物も外部要因が大きすぎると体内時計が狂って狂い咲きするのかもですね。
Commented by iwasi_3-1 at 2018-09-21 21:46
まささん
 少し前まで暑い暑いと言っていましたが、ここ数日でだいぶ
涼しくなってきましたね。
このまま順調に本格的な秋になって欲しいです^^;

彼岸花は芽が出ると1週間ほどで見頃を迎えますからね^^
何もなかったところに急にお花が咲くので面白いお花です。
やすらぎの林は、津屋川や矢勝川と比べると小さな群生地ですが
雰囲気の良い場所でお薦めな場所です^^
今年はタイミング良くお出掛けする事が出来、満開の彼岸花を
楽しむ事が出来て良かったです。
まささんも、ぜひ彼岸花を見にお出掛けしてみてくださいね。
この週末から来週前半くらいが見頃になりそうです。


<< 半田・矢勝川の彼岸花 2018...      やすらぎの林の彼岸花 2018... >>